操体法-つれづれ操体師の日記 「操体道中膝栗毛」

つれづれなる我が操体の旅日記
皮膚のずらしにより弛緩
つれづれ修行 IN 仙台であります。

皮膚による操法でオモシロイ体験ができました。

左肩甲骨付近に強固なコリがある被験者。

触診していくうちに
右ふくらはぎにもコリがある。

で、足首などいじくった結果、
ふくらはぎの皮膚をずらすと気持ちがよい、という。

被験者の快感覚に従い、
ふくらはぎへの操法を継続すると
肩甲骨付近のコリがみるみるうちに緩んでいきました。

思わず 「おお!!」 となる私め。

操体法の臨床での特徴の一つに
「連動」があげられます。

一般的に
「連動」は自発的に動くことによって
生じる作用かと思われがちですが、
皮膚だって当然、連動しています。

ふくらはぎと肩甲骨という一見離れた箇所でも
やっぱり身体はつながっていることがわかります。

それが他力的な刺激的であっても然りです(当然ですね)

私めなど

「こ、これって筋二点間療法みたいなモンなのですかね!?」

と思わず聞いてしまいました。

オモシロイのは
これが決まったツボとか筋肉反射の位置があるとか
そういったテクニックではなく、
ただ相手の感覚を聞き分けた、という
操体独特のアプローチによる結果だということですな。

この後、足指から全身を揺らす操法。

これも表面的には見つけ難い
細かい注意点がございます。

ツボを押さえつけて

「いててててて」

というのとは全く違うものです。

「動診」だけではないオモシロサが操体にはある!
と以前から思ってはいましたが、
本日もまたオモシロイ体験させていただきました。

このオモシロサ、楽しいという感覚を大事にしなければいけませんね。

開業といっても好きなことやってるワケですから
やっぱ楽しくないといけません。  ほほほ
[PR]
by niwabe | 2008-02-16 18:18 | 操体法
<< カプセルホテルで一人操体 風の国へ 駱駝狩り /著 椎名誠 >>


by niwabe
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
あおぞら操体教室
at 2012-07-19 02:01
ブログで紹介いただきました
at 2012-07-11 00:56
細胞を刺激する
at 2012-07-06 00:41
7月のご挨拶
at 2012-07-04 01:43
あおぞら操体教室開催
at 2012-06-21 14:10
カテゴリ
以前の記事
つれづれ操体師でございます。
つれづれ操体師とは

1981年2月22日生まれ♂
東京東村山市在住。
操体の専門家。

主に関東近郊を中心に施術やカルチャースクールなどで操体を伝える活動を生業としてます。

つれづれ操体師のページ
操体 つれづれ堂



操体あるいは操体法とは

『操体』の魅力は
他人への依存から
解放されること。

肩こりや腰痛、
気の迷い、大半の
不調は自身の責任の
範囲内にあるものです。

それを文字通り
肌で味わってもらうのが
操体です。





リンク

大先輩のブログ
気ままに操体ライフ


操体レクリエーションのブログ


アナグマさんのつぶやき




仙台やすらぎの杜
整体院


「イリス」さんのブログ



いぬきちさんのブログ



おや友練馬支部


らくらく操体サロン
えがお


何もたさない、何もひかない、ありのままに Simple,Smile&Slow Life


いっきかずえさんの
◆開運♂えっち♀風水◆


ワカ大王さんのブログ


今治療室ブログ


にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村

ブログサイトのランキング


人気ブログランキングへ"
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧