操体法-つれづれ操体師の日記 「操体道中膝栗毛」

つれづれなる我が操体の旅日記
ルーツを探る旅 其の二
つづき・・・

で、歴史ある岩村です。

歴史を色濃く残したこの町、
好きなヒトにとってはただ歩くだけでも楽しめると思います。

江戸時代の御触れ書き綴った看板、
よく時代劇なんかでもありますよね、
「おたずねちゅう」 みたいなヤツ。
当時のモノがそのまんま残ったりしてます。

城下町を延々と歩き、いよいよ山城へ。

しかしこの城、日本三大城に数えられるだけあって
その険しさは並みのものにあらず。

しかも あらー
こともあろうに山の入り口にあたる茂みのそばに

「くま出没 注意」 の文字が。

まだ寒いこの時期、
山の中でグーグー眠ってるとは思うのですが
始発で来たこともあり、町がグーグー眠っているため
ヒト気もなくて少々びびりますぜ。

熊鈴でもあれば安心なのですが
あいにくそんなもの持ち合わせていないですし。

いざ、熊と対峙したらどうすっかなあ・・・

熊はそのうすらデカイ図体によらず、
俊足の脚を誇り、木登りも泳ぎも達者と来た
金メダリストも真っ青のアスリート動物。

だが、鋭利過ぎるその爪が邪魔をして
下り道には弱い、という話を聞いたことがあります
(出典:はじめの一歩)

しかし、仮にも私めも多少の武道経験を持つ身。

農村で熊に襲われた70歳のおとっつあんが
逆に巴投げで返り討ちにしたという話も
ちらほらニュースで耳にします。

ここで逃げることは許されますまい。

伝説のカラテ家、
熊殺し 「ウィリー・ウィリアムス」 の魂を宿しつつ、
悲壮の決意を胸に秘め、
いざ、本丸を目指すべく山城へ入山したのであります。

しかし、「戦わずして勝つ」 という精神も時には必要です。

とりあえず熊鈴の代わりにと
携帯電話のマナーモード解除して大音量で着信音を響かせながら
誰もいない山の中を歩くことにしました。

にしてもなんつー険しさ。

こんなトコロに城造るのも凄いし攻め落とすのも凄い根性。

戦ではこれで甲冑着込んで
武器をかついでたワケですからね。

いやいや さすが戦国の世です。
その強靭さたるや半端ではなかったのでしょうなあ。

本丸まで登るのに
軽く20~30分はかかったのと違いますかね。

熊に出くわすこともなく無事、頂上の本丸跡地に到着。

登りつめた時はその雄大な風景に感無量でしたよ。

岩村の城下町はおろか
数百キロ先の甲斐や尾張の国の山々も眼下に広がります。

思わず例の如く 「うおー!」 と両手を挙げてしまいました。

この本丸、織田信長が本能寺で没す
約80日前に訪れた場所だそうです。

当時、ほぼ天下を手中に収めたまさに絶頂期の信長さん。

有名な 「人間五十年~」 を歌いながら舞を披露したといいます。

400年も前に天下統一を目論んだ
覇王がここで同じ風景を見下ろしていたのでしょうなあ・・・

そう考えると
何か自分まで偉くなったような気がしてしまいましたよ へへへ

偉くなってやる!!とは言いませんが
私めも 操体 というこの実にオモシロイ文化を
世間に知らしめてやりたいという気持ちはありますね コホン

で、100年くらい前に
私めのご先祖様も家臣としてここに座っていたワケなのですな。

うーむ

己のルーツを探る旅。

それでは次はいよいよ
ご先祖さまのお墓に参りに向かうといたしましょう。


因みに下りにおいても熊に出くわすことなく
無事、ふもとに到着。

人けのない早朝でありましたが
それでも朝早くから城に登る物好きな方は他にもいるようで
そういった方々と何度かすれ違うことになりました。

そのたびに大音量で携帯を響かせて歩く
私めを不思議そうな目で見ておりましたね。 ほほほ

つづく・・・
[PR]
by niwabe | 2008-03-11 23:56 | つれづれ人生
<< ルーツを探る旅 其の三 ルーツを探る旅 >>


by niwabe
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
あおぞら操体教室
at 2012-07-19 02:01
ブログで紹介いただきました
at 2012-07-11 00:56
細胞を刺激する
at 2012-07-06 00:41
7月のご挨拶
at 2012-07-04 01:43
あおぞら操体教室開催
at 2012-06-21 14:10
カテゴリ
以前の記事
つれづれ操体師でございます。
つれづれ操体師とは

1981年2月22日生まれ♂
東京東村山市在住。
操体の専門家。

主に関東近郊を中心に施術やカルチャースクールなどで操体を伝える活動を生業としてます。

つれづれ操体師のページ
操体 つれづれ堂



操体あるいは操体法とは

『操体』の魅力は
他人への依存から
解放されること。

肩こりや腰痛、
気の迷い、大半の
不調は自身の責任の
範囲内にあるものです。

それを文字通り
肌で味わってもらうのが
操体です。





リンク

大先輩のブログ
気ままに操体ライフ


操体レクリエーションのブログ


アナグマさんのつぶやき




仙台やすらぎの杜
整体院


「イリス」さんのブログ



いぬきちさんのブログ



おや友練馬支部


らくらく操体サロン
えがお


何もたさない、何もひかない、ありのままに Simple,Smile&Slow Life


いっきかずえさんの
◆開運♂えっち♀風水◆


ワカ大王さんのブログ


今治療室ブログ


にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村

ブログサイトのランキング


人気ブログランキングへ"
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧