操体法-つれづれ操体師の日記 「操体道中膝栗毛」

つれづれなる我が操体の旅日記
カテゴリ:未分類( 13 )
あおぞら操体教室開催
【日程】

:7月15日(日曜日) 午前10:30~ 約一時間半程度。

場所:代々木公園 (雨天中止)

参加料:500円

持ち物:寝転んでも汚れない程度の敷物。
 (ヨガマットでも100均のビニールシートでも結構です)

定員:6名


つれづれ操体師が主催する気軽に操体を楽しむ会です。

一人操体を中心に操体の概要・基本動作を体験できます。

この会ではあまり堅苦しくなく、自身の身体とつきあっていく
楽しさを味わっていただくことに念頭を置いてます。

操体は激しいエクササイズとは違い、
普段の生活の場で実践していくべきものです。

ですから服装は無理の無い程度なければ普段着で結構です。
(さすがに過度の装飾品を身につけての参加や女性の場合、
スカートなどはご遠慮くださいね)

操体に興味のある方、体験してみたい方、
老若男女問わずに参加はご自由です。

詳細は当方のHPよりお気軽に問い合わせください。

操体つれづれ堂

[PR]
by niwabe | 2012-06-21 14:10
爆問学問
近頃テレビ見てても、ちっともオモシロくねーなー、
と思ってたけど 先日のソロモン流に続いて
結構オモシロいの放映されてました。

NHKの爆笑問題が出てる教養番組。
(爆問学問だったけ?)

爆笑問題がいろんな分野の学者を
訪問して対談するというもの。

私めが見たのは
二週間くらい前に放映されていたもので取り上げられてた人は
「美術解剖学」という学問の専門家。
東京藝大で教授を務めている。

解剖学を徹底的に実践することによって人体を把握し、
芸術の分析を試みるというコノ学問。

ダ・ヴィンチもモネもこの視点から分析することによって
実は興味深い事実が作品に込められていることが分かる。

「でもまどろっこしいでしょ、こんなの」と、爆笑問題の太田。

それに対して教授、

「そこなんですよ。ちょっと見ただけでは何だかわからない。
でも触れていくにつれて次第にメッセージが伝わってくる、
そこが芸術の奥深くて凄いところなんです。」

食い違う二人の意見。

「ボクは芸術は終わってると思いますよ。
悠長なこと言ってらんない、切羽詰った状況ってあるでしょ?
大衆に伝える手段で最もパワーがあるのはテレビなんですよ」
吠える太田。

「エンターテイナーであるお二人にコレを言うのもなんですが」
と前置きしたうえで

「テレビに映し出されるエンターテイメントは
大衆には伝わるけど刹那的なんです。
芸術は最初は理解されないかもしれないけど、
風化することなく、後世に残すことができるんです。」

さらに最後にこんな一言。

「人間の身体って最高に奥深くてオモシロいんです。
芸術家たちはそのことを分かっていた。
30億年に渡る歴史の無限の情報がつまった
この人体のオモシロさを 彼らは芸術という"型”にはめて
表現してみせたんです。そこが凄いんですよ。」

ま、エンターテイメントが風化するか否かの論議については
置いておくとしてもですね。

オモシロいこと研究してるヒトがいるのねー

考えてみれば我々、
操体の臨床家もまどろっこしいことやってるんですよ。

30億年かけて進化してきた人体が持つ無限の情報を
感覚をもって表現している世界なんです。

と、すると我々もアーちすとということになるのでしょうかね。

あー いや違うんだよなー 

アーちすとはアナタ自身、
湧き上がった感覚を身体で表現できるのはその人だけなんですよ。

従って操体は芸術と違って"型”にはめることはできないので、
形に残すことはできないのか。

ちょっと寂しいかもしれないけど、いやいや、
その感覚による味わいはその人の身体の中に
一生残るものですから寂しいことはない。

その感覚に気付いてもらってね、
その人の中に少しでも残っていただければね、
もうソレは操者としては冥利につきるってもんでさあ。

そんなこと言ってたら知人のオペラ歌手の方に

「芸術は形に残るものだけではないのよ。
有形芸術は美術、音楽は無形芸術なんだから」とのこと。

おー そうか。

湧き上がる感覚をある手段でもって表現するというのは
ジャンルに問わず、古来から人間が
取り組んできたことなのですね。

でも、操体はね、
そんなキビシー、特別な修行は必要ないし、
あるがままに素直に表現していただければ良いのですけどね。

願わくば出来るだけ多くの方に
この自然の理に適ったあるべき姿に回顧させる
感覚芸術の表現者になっていただきたい、と思う
今日この頃です。 コホン

操体 つれづれ堂 のページ

[PR]
by niwabe | 2009-02-28 23:55
ダチコーの結婚式
先日、友人の結婚式の二次会にお呼ばれして参加。

新郎は大学時代からの縁で
私めの数少ないダチコーの一人であります。

ただえさえ数少ないうえに
これまで私めの周囲で結婚式挙げたダチコーっていないんですよね。

ましてや会社を辞めた今となっては
他人のおめでたい雰囲気にあやかる機会は
滅多に訪れないというわけで。

無意味にウキウキしながら会場に向かったのであります。

しかし二次会の出席者は
細かい経緯は省くものの、今ではすっかり疎遠になっている
学生時代の先輩、関係者たち。

ありゃー おめでたい席でこう言ってはナンですけど
これは結構肩身が狭くなりそうですなー

しかし大事なダチコーの晴れ舞台ですから
なんやかんや言いつつも幸せいっぱいの
お二人を祝ってあげることにいたしましょう。ルンルン

実際、新郎、新婦は実に幸せそうにしておりました。

新婦は真紅のキレーなドレスに包まれ、
新郎のダチコーは結婚式にはお決まりの
ぱりぱりオールバックヘッドで入場してきまして、
多くの関係者に囲まれ祝福を受けておりました。 

学生時代から2人の関係を見てきておりますからね。
私めも心がほころぶというものです。

会場での私めはというと
努めて端っこの方でダチコーを
温かく見守っていることにしていました。

その様子は例えるなら
五人組の戦隊モノにて三角関係の末、結婚に至った
レッドとピンクを陰ながら祝福するニヒルなブラック、と
いったところでしょうか (※イメージです)

現実は三角も四角もなく
料理をむさぼり食うのに懸命なブラックでありました。

あとは6,7年ぶりに顔を合わせた先輩などにも
あいさつしないわけにはいきません。

久々に顔を合わせると矢継ぎ早に

「おー つれづれ 久しぶりー」

「つれづれ、今、なんか怪しいことやってんだってー?」

「学生時代から変だったもんねー」と

なかなかの言われよう。

「操体法」つっても98%はわからないので面倒くさいから 
「整体みたいなもんです」 と説明するのが常。

まあ このペースだと来るかなー?って思ってたけど
やっぱり来ました。

この道のプロとして一番困るアレですよ。

「へー 整体やってんの。 じゃ、ハイ」
などと背中を向けられる。

ハイ・・・ですか。 はぁ・・・という感じです。

怪しいと言われるのは結構なんですけどね、
これをやられるといまだに消耗します、気分的に。

念力が使えたらとっちめてやりたんですけど、
さすがにそうもいかず。 かつての先輩方ですし。

仕方ないので適当に流して
新郎の傍に寄って、足をさすってあげることにしました。スリスリ

幸せそうな新郎は突然、
足をさすられて気持ち悪がってましたけど、
それでもやっぱり幸せなんでしょうね。このスットコドッコイ

何はともあれおめでとうございます。

末永く幸せであるよう、念力を発しております。スリスリ
[PR]
by niwabe | 2008-05-14 19:49
つれづれ夢日記  春眠編
休みなのをいいことに15時間は眠ってしまいました。

別に夜更かししていたワケではないのですけど、
昼まで寝て、午後、出歩いて帰ってきて
滅多に見れないサザエさん見ているうちにウトウトして
気がついたらシュワルツ・ネッガーがドンパチやってる
日曜洋画劇場やってました。

一体、何をそこまで回復していたのかしれませんが
ここ最近、目を瞑って考え事しているうちに
気を失ってしまうことがしばしばあります。

特に私めの場合、
周囲から指摘されるコトが実に多いです。

昔からしょっちゅう、

「気がついたら瞑想してますよね?」

と言われます。

ただえさえそんな私めですのに、
暖かくなってきたせいでしょうか。

最近は電車で読書も続けられなくて困ってしまいますわ ははは


さて、そんな最近の私めであります故、
夢を見る機会も多くなってきています。

まあ 人間は毎晩夢を見ているのですが
近頃は特に印象に残る変な夢が多いのです。

例えば、家族が出てくるのですけど、
微妙に設定が違うのですよ。

時代背景とか環境とかコスチュームとかが
現実世界と微々たる範囲なのですがズレているのです。

しかし出てくるモノたちは皆、
身近な人間たちですからやたらとリアリティーがあり
妙な感覚です。

パラレルワールド とでも申しましょうか。

実は夢に限った話ではなく、
現実にも次元を超えた世界があり、似てるけど、
びみょーに異なる世界というのが存在しているかもしれませんね。


あと本日は惰眠をむさぼっている間に
全く理解不能な夢を見ました。

盛大なイベントの元で私めが表彰されているのですよ。

「偉大なる施術家、つれづれ操体師さんへ!!」

みたいな内容です。

欲望が夢に出てきたみたいでちょっぴり恥ずかしいのですが
まあ、ここまではご愛嬌で済まされる範囲かと思います。

問題はその式典の舞台が何故か
SMAPのコンサートなのですよ。

ヤツラのコンサートの合間を使って
何故か私めの表彰時間が設けられているのです。

なんなんですかね?なんでSMAPなんですかね?

かつて学生時代、
キムタ○を集団でボコボコにした夢を見たことあるのですが
(詳細略)
それだけヤツらに対抗意識があるとでも言うのでしょうか?

うーむ

どうせなら可愛らしいアイドルグループなどの
コンサートならまだ気持ちよく目覚められたかもしれません。

さらに目を覚ましたら
シュワルツ・ネッガーですからね。

全くむさ苦しいったらありゃしない。 ほほほ
[PR]
by niwabe | 2008-03-23 23:53
つれづれ夢日記 たばことたけし
変な夢見ました。

だからどうということもないのですが
最近、エドガーケイシーさんの著作を読んだこともあり、
夢解析にはまっています。

せっかくですので記録を残しておきます。


状況は全くわかりませんが、
誰かがタバコを吸ってました。

で、そいつは吸いかけのタバコを
あつかましくも私めに手渡してどこかに消えてしまいました。

困った私めは
とりあえず喫煙者が
よく町でそうしているように
足元にポイと捨ててガシガシと
踏み消したのであります。

するとそれをナゼか
ビートたけしが見ていて私めに向かって

「ポイ捨てはいけないのである云々!!」

とモノ凄い勢いで説教してきたのであります。

たまらず私めは

「冗談じゃない!
オレは生まれてこの方タバコなんか吸ったことないのだ!

ポイ捨てしたのは悪かったかもしれないが、
こんなの納得がいくか!!!」

と逆に怒鳴り返しました。

たけし、困惑しつつも依然、
モノ凄い形相でコチラをにらんでおります・・・



と、いうところで目が覚めめました。

一体なんだったのでしょうか。

理不尽な怒られ方をしたというのは
ある程度、分析可能です。

有名人が出てきたのもある程度分析可能です。

しかしナゼに ビートたけし だったのでしょう。

さっぱりわかりまへんので
今夜はとっとと眠ることにして良い夢見みます。

おやすみなさい ZZZ
[PR]
by niwabe | 2008-02-07 05:54
雪の日
この日は東京でも
二年ぶりの大雪。

寒いので一度も外出せず。

雪は二年ぶりかもしれませんが
日曜日に外出しなっかったなんて
何年ぶりかというお話であります。

が、昔、ジーパンのCMで
椎名誠が言っていたように
たまには何にもしない日があってもいいかもしれません。

操体の施術でも
動きたくないときは
いっそのこと動かない、という場合は多々あります。

小学生くらいの
子供たちはここぞとばかりに
大喜びで外で遊んでおりましたが
私めは家で物思いにふけりながら
パソコンをいじっておりました。


しかし、久々に
家にいたというのに
日曜のこの時間というのは
テレビつけてもロクな番組やっておりませんな。

仕方ないので
なんか、サスペンスでも連ドラでもない
よくわからないホームドラマの再放送見てしまいました。
ふへへ
[PR]
by niwabe | 2008-02-03 11:18
帰国へ
この日、飛行機に乗り、
パリ年越し滞在記もひとまず終了。

予約していた飛行機に乗れない、という
とんでもないアクシデントに見舞われましたが、
12時間遅れで無事帰国。

いつもながらフランスを離れるのは
さびしい限りです。

逆にシャルル・ド・ゴール空港に降り立つ度に
「帰ってきたなー」
と思うくらいですからね。

でも目標に向かって
信念もって行動していけば
必ずやこれからも縁があることでしょう。

さてさて改めて気合を入れなおしまして
今年は操体で邁進していきます。

フランスで犬のうんをつけたこともありますし、
どんどん良いもの引き寄せたいです。

皆様、よろしくお願いいたします。
[PR]
by niwabe | 2008-01-05 15:30
忘年会だぜ
本日、毎年恒例、

決起集会 兼 忘年会を無事終えることができました。

私めと我がダチコーである男優さんにとっては
一年の締めくくりとなるとても大切な行事なのであります。

毎年、この日を迎えると
あー 一年も残りわずかだなーと感傷的な気分になります。

待ち合わせは
いつもの通り、池袋の西口交番前。

待ち合わせ時間には
既に男優さんが待っており、
挨拶を交わしました。

開口一番、
「つれづれくん、
つれづれくんの操体のお陰で
大事な撮影もバッチリだったよ!!

もう、操体様々でホント、
ビンビンっスよ!!!」

男優さん、12月にご来院以来、
お仕事も快調で
あれから大事な撮影前には必ずおこしいただいており、
ありがたいことに早くも常連さんとなってくれております。

今週も大事な撮影が控えており、
クリスマスイブの日に急遽、施術の依頼がございましたので、
強靭になるための身体作りを伝授させていただいたのであります。

結果、上手くいったようで実に喜ばしいことです。
来年もこの調子でビンビンで行きたいもんっス。

で、飲み放題のついたイタリア料理屋へ入店。
ここも毎年必ず利用する
我々にとっては思い入れのある店であります。

さて、以前、日記でも書いたとおり、
今年はダチコーの武術師範代の方も参加。

師範代はお仕事の都合で少し遅れたものの、無事到着。

かくして
武術、操体(活術)、そして男優という
肉体を駆使した3人のプロフェッショナルが
一堂に集結したのであります。

思えば、
かれこれ5年来の付き合いとなり、
かつては同じ道場で汗を流した間柄です。

今ではそれぞれ別の道を歩んでいるものの
こうして再会し、昔話に興じることは
実に晴れ晴れとした気分になります。

そして我々の仕事は
人一倍、肉体を資本とするモノですから
やはり熱き肉体談義について話が弾みます※

(※一部、
過激な内容になるため
具体的なお話については自粛させいただきます)

入店してからまたたく間に時は経過し、
我々は来年以降の成功を誓い合い、
池袋西口、サイゼリヤをあとにしたのでありました。
(お会計、五時間居座り、三人で¥5000なり)

別れ際、お二人とも
「つれづれくん、
年明けに、またすぐに施術お願いするからよろしくです。
ではよいお年を」

いやー
今年も実に楽しく、充実した忘年会を過ごすことができました。

ホント、ヒトの縁の大切さが身にしみます。

来年はホント、さらにビンビンでいくっスよ!!
と、断固たる決意を胸に秘め、
熱きオトコたちは帰路についたのでありました。
[PR]
by niwabe | 2007-12-28 23:55
栃木からの使者
本日、
栃木で整体院を営む
操体仲間が
はるばる我が城へと遊びに来てくれました。

この方と出会ったのは今から
ちょうど一月前。
仙台での修行が縁で
お知り合いになることができました。

最初、お会いしたとき、
「あの、
いつもブログ読ませていただいてます。
面白くて一体どんな方なのかなと
ずっとお会いしてみたかったのですよ。」

いきなり恐縮してしまうご挨拶です。

本当に、いつも読んでいただいて光栄っス。
マコトにありがとうございます。

仙台の講習会後、
時間があるため、二人で近くのファミレスに入って
しばし歓談したのですよ。

話が弾んでお互いすぐさま意気投合してしまいまして。

私めはこの方のウラオモテのない
良い人柄に凄く好感が持てました。

外国人から見た日本人というのは
いまだ
「いつもへらへら愛想笑い浮かべて
ナニ考えているのかワカランやつら」
って認識が強いそうです。

また、「グレムリン」って映画にでてくる
あのキャラクターは
実は日本人がモデルだっていう話、
知ってましたかね?

むむむ
なるほど、なんとなくわかるような気がします。

私めも少年時代、海外での生活経験があるためか
しばしば風土の違い、
というものを感じることがあり、
帰国後、戸惑いが多かったのは事実です。

正直、今でも戸惑いを感じることは多々ありますが
時に駆け引きなしで本音で語り合うことができる方との
出会いというものがあります。

このような引き寄せには本当に感謝です。
実際、この方も「引き寄せの法則」を読んでおり、
二人で
「いやー いい引き寄せですねー」
とお互い手を取り合ったものです。

で、この方とはその後も
メールでやりとりをしてまして
「今度、つれづれさんの施術を受けてみたいです。
本当に行きますのでよろしくお願いします」
と本当に来ていただくことになったのです。

当日は
わざわざ電車で来ていただいて我が城にご案内。

我が城に入っていただき
まずはお互いの書物を見せ合いっこです。
なんでも東京の本屋は凄い、とのことで
ごっそり買ってしまうそうです。

私めも都心の本屋に出るとついつい
興味ある本を大量に買い込んでしまうことがあります。

そのため、家族によくにらまれる結果になります。
いやいや 
これだから東京はおっかないモンですな。んだんだ

で、早速、私めの施術を体験していただいたところ、
「不思議です 実に不思議です!!」を連発。

これまで体験されてきた操体法とも
また異なることに加え、
とにかく不思議で、
それでいて身体に高揚感があります、
と嬉しい感想をいただきました。

じーっくり味わっていただいた後、
駅近くのファミレスにて歓談。

ここでも話が弾み、
とても楽しい時間を過ごすことができました。

いやいや
今年も残りわずかとなった時点で
また一人、貴重な友人ができましたよ。

今後ともよろしくお願いいたしますです。

では
このステキな方お仲間を紹介させていただきます。

栃木で操体法中心の整体院を営む

整体ぱざぱ


のRONさんです。

とても好人物で料理が得意で
それでいて200kmもの距離を走ったこともあるという
日テレもびっくりのジョギング好きな方でございます。

RONさんのホームページ、
実にキレイなんですよ。
なんでも奥様が手がけているそうで
うらやましいモノでっす。

本日は遠いところをお越しいただいて
本当、光栄っス。

今後もよろしくお願いいたします。

また仙台でもお会いできることを楽しみにしております。

今度、牛タンでも食いにいきましょー
ぎゅー
[PR]
by niwabe | 2007-12-20 23:25
夢日記 ゴキブリの章 其の二
つづき・・・

で、ゴキブリです。

ヤツラとの初遭遇は帰国した年の夏でしたかね。
蒸し暑い夜であったと思います。

ただ何気なく日常の生活を送るだけで
シアワセであったボンクラ中学生の私めの目の前にですね、

いたんですよ。ヤツが。
タンスを本当に何気なくいつもの通りに開けたら
眼前に現れたのです。
正面向いて。目と目が合いました。
「コンニチハー」てな感じです。

5秒くらい止まりましたでしょうか。


ハイキングの最中、
茂みの中で野グソしてる無邪気な少年と出くわしたときと
同じようなあの無間の空気・・・


一体何が私めの人生に起こったのか?
私めの眼前で触覚のようなものをうにょうにょさせる
この黒ビカリのエイリアンのような得体の知れない物体はナニ?
なにヨ、いったいナンナノヨ?と。

野グソのときと同様、
私めは何も見なかったことにして
そのまま静かにタンスを閉めました。

この時はこれでオシマイです。
その後、その日はいつもの通りの一日、
その日は朝から夜だったのです。

「それでよかったの。
わた、わたしそれでよかったの。
シアワセが返ってくるのならそれでよかったの。
よかったのよおおおおおおお」
と再び、火曜サスペンスに登場しがちな
ヒステリックおババ化しつつ、
必死に現実から目をそらしましたね。

これがヤツらとの初遭遇、
まさに未知との遭遇とはこのことでした。

その後の私めの人生でも何度と無く
ヤツらに戦いを挑むことはありましたが
あのグロテスクな容姿を前にすると萎縮してしまい、
どうしても仕留めることができなかったですわ。
一発で良いはずなんですけどね、あと一歩が踏み出せない。

そんな甘ちゃんの私めでしたが
親元から離れ独立してから住んだ住居は
築40年のおんぼろアパート。
夏になればおびただしい数のゴキブリくんが出現いたします。

苦手なうえに、元来、無益な殺生を好まぬ性分ではありますが
ヤツら食べ物のにおいなどに釣られてやってきますからね。

もうそんな甘っちょろいことは言ってられないわけですよ。

気がつけば年間で3~40匹は優に仕留める
うでききのゴキブリハンターになってしまったのです。

今の施術室のある
アパートは新しくてキレイなマンションですから、
もうゴキブリくんたちも出現することはないでしょう。
しかし引っ越したのは今年の11月。
今年の夏もやっぱり30匹くらいは仕留めてるんです、ゴキブリ

今回、私めのみた夢はそのゴキブリくんがメインに登場します。
まさかヤツらの怨念ではあるまいな・・・と背筋が寒くなります。
そうでなくても寒い日が続く今日この頃ですが。

ですが、
実は私めはこの夢を結構良い方向に解釈しております。

夢に現れたゴキブリは
私めの汚れた部分であり、
すなわち砂の中に沈んでいくサマは
過去のあまりヨロシクないものと一緒に浄化されていくことを
意味しているのではないかな、と。

そんな風に捉えると
これからの未来に希望がもてる、
改めて やってやるっスよ!!
というアツイ思いが湧いてきます。

そうやってぶるぶると己を奮い立たせたものの、
まだ夜明け前です。
加えてこの日は休日でしたので軽く用を足してから
また布団のなかにもぐりました。ぶるぶる

布団のなかにて、
弱肉強食が自然界のおきてとはいえ、
あれだけの数を仕留めてきたことに対しては
ヤツらにもスマナイことをしたものだな・・・と
少しだけ自責の念が湧いてきました。

けど人類が滅びても
ヤツらゴキブリだけはまず生き残るっていいますからね。
これからも
人類との生存をかけた戦いは続いていくんでしょうね・・・

なにはともあれ
私めはもうヤツらとはこれにて
終戦となることを祈るのみです ZZZ
[PR]
by niwabe | 2007-11-28 04:39


by niwabe
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
あおぞら操体教室
at 2012-07-19 02:01
ブログで紹介いただきました
at 2012-07-11 00:56
細胞を刺激する
at 2012-07-06 00:41
7月のご挨拶
at 2012-07-04 01:43
あおぞら操体教室開催
at 2012-06-21 14:10
カテゴリ
以前の記事
つれづれ操体師でございます。
つれづれ操体師とは

1981年2月22日生まれ♂
東京東村山市在住。
操体の専門家。

主に関東近郊を中心に施術やカルチャースクールなどで操体を伝える活動を生業としてます。

つれづれ操体師のページ
操体 つれづれ堂



操体あるいは操体法とは

『操体』の魅力は
他人への依存から
解放されること。

肩こりや腰痛、
気の迷い、大半の
不調は自身の責任の
範囲内にあるものです。

それを文字通り
肌で味わってもらうのが
操体です。





リンク

大先輩のブログ
気ままに操体ライフ


操体レクリエーションのブログ


アナグマさんのつぶやき




仙台やすらぎの杜
整体院


「イリス」さんのブログ



いぬきちさんのブログ



おや友練馬支部


らくらく操体サロン
えがお


何もたさない、何もひかない、ありのままに Simple,Smile&Slow Life


いっきかずえさんの
◆開運♂えっち♀風水◆


ワカ大王さんのブログ


今治療室ブログ


にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村

ブログサイトのランキング


人気ブログランキングへ"
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧