操体法-つれづれ操体師の日記 「操体道中膝栗毛」

つれづれなる我が操体の旅日記
カテゴリ:操体観( 50 )
風邪ひいた
風邪をこじらせまして三週間ほど
体調の悪い日が続きました。ゴホンゴホンと。

そんな私めを見て知人が尋ねます。

「操体で風邪は治らないの?」

まあ普通に考えてみれば治るわけないのですが、
体調管理くらいはしっかりせなばいけません、
プロとして007.gif

しかし時には無理をしなければならない場合もあるわけでして、ハイ。

巷では悪玉されるくしゃみ・鼻水・咳・発熱・いわゆる
風邪ですが見方を変えればこれらはそんな無理を重ねた
私めに対する戒め、大切なサインとみなすことも出来るのでしょう。

身心はちゃんと語りかけてくれるのです。

「おーい。疲れてるぞ。少しや休ませろや!」みたいな感じです。

勿論、サインが表れたからといって
そう簡単に全てを放り出して休みをとるわけにも行きません。

でもそんな不安定な真っ只中であっても
いかにバランスをとるのか?

我々はついつい「治す」「治さない」と二元論の
罠に陥りがちですがそこを目指すと却って無理を加速させる。

100%でなくても良い。

せめて60・70%で保ってみようじゃないか。ん?
試しにやってみようじゃないか。

これが操体なのであります。


従ってまずは身心の語りに素直に
耳を傾けてみるのが肝要です。


しかし語りかけってどんな感じなんですかね?

ちょっと妄想してみますけど
こんなもんでしょうか?

「やい!無理しやがって!
お陰でこっちはボロボロじゃないか!!」

うーむ。仮にもこれでは少し乱暴ですかな?

労わる側としても素直でなくなるかもしれません。

もっと甘美なささやきで。

「あはん、あなたちょっと疲れてるわよん。
少しは労わってねん。」

うむ。こんなささやきであれば
どんなに忙しかったとしても
何でもそっちのけで労わってしまうかもしれません!


なにやら支離滅裂になってきたので
ここらで閉めます。

みなさまも風邪にはご注意を049.gif
[PR]
by niwabe | 2012-05-29 13:04 | 操体観
厳しい世界
先日、デビュー戦だった
松ボクサー君は奮戦及ばず黒星。

才能ある若者が毎日汗だくになって
練習しても勝ち残れるのは一握り。

つくづく甘い世界でないことを痛感する。

一昔前、極意だ秘伝だのと
楽して強くなれる方法があるんじゃないかと
無駄に彷徨いを続けた自分が恥ずかしくなる。

何はともあれ、試合、お疲れ様、
松ボクサー君。
[PR]
by niwabe | 2010-03-30 17:53 | 操体観
デビュー戦
つれづれ堂に足繁くメンテナンスに通う
松ボクサー君のプロデビュー戦が
いよいよ明日にせまったです。

連休中は試合直前ということもあり、
「つれづれさんの施術はアドバンテージになりますから」
と連日来訪。

世間では27日のダブルタイトルマッチが
騒がれてるだろうがプロスポーツは周囲が
お膳立てして作りあげた上っ面の華やかさの影で
必死に頑張っている奴らがいるからこそ
地盤が築かれていることを忘れないで欲しい、などと思います。

何はともあれ恐らく計量もパスしたと思うから
頑張ってきたまえ!! 松ボクサー君!!! いざゴング。



操体 つれづれ堂 のページ

[PR]
by niwabe | 2010-03-24 23:59 | 操体観
松ボクサーくんのデビュー戦決定
私めの城に定期的にメンテナンスに来てくれる常連でもあり、
かつて同じジムで汗を流した盟友でもあるプロボクサー、
松ボクサーくん(仮名)のプロデビュー戦が決まったです。

先日も私めの施術を受けに来てくれ、
「お陰でばっちり身体の疲れがとれましたよ!」と
言ってくれた松ボクサーくん。

んん!

松ボクサーくん!我が城は総力をあげて応援しているぞ!!いつでもケアに来るのだ!!!
[PR]
by niwabe | 2010-03-02 00:18 | 操体観
神サマ (三分間?)
武術や民間療法の世界では相も変わらず
続々と秘伝や奥義が登場し、時折、宇宙も滅亡して
それに伴い多くの即席神サマが降臨されているようです。

どちらも私めにとっては深く関わりがあるので看過できぬこと。

が、今や先述の業界に限らず、
少しばかりビジネスの世界で成功を収めた人や
落ち目の芸能人みたいなヤツまでもが
自身の成功の秘訣を神がかり的なネタにして
講演したり人前で発表したりする傾向があるようで。
(定年後の臨時収入みたいなノリか)

なんとまあ、神サマの多い世の中ですこと。
いや、神サマになりたがる人が多いと言うべきか。

時として壁にぶち当たった際に、
先達の言葉や格言が参考になることもありましょうや。

しかし達人や神サマの言葉にあやかって
さも悟ったかの如く、そのまま語り振舞ったところで
所詮は安っぽいイミテーション止まりでありましょう。

自己の体験と研鑽を通じてこそ、初めて得られるものがあり、
そうやって自身のバックボーンは築かれていくのではあるまいか。

自戒を込めてそのような心がけでありたいものです。はい


話変わりまして昨夜、操体の大先輩の宅へ久々に訪問。

めでたいことに大先輩、一週間前にお子さんが産まれたのですよ。
お祝いを兼ねてご挨拶。んで施術もお願い。

大先輩は即席神サマや達人などには
「だって関係ないでしょ?」と殆ど興味を示さず。
長年、操体をストイックに追求されております。

そんな先輩ならではの操体、
だからこそにじみ出て来る持ち味というのが施術を通じて感じられ
いつも勉強になります、押忍。

施術後、操体談話で盛り上がり、やがてお子さんの話題へ。
時折、鼻の下を伸ばしながらその可愛らしさを語る先輩。

が、何でも可愛いばかりではなく
赤子の動きや様子を見てるとむしろ驚かされることの方が多いとのこと。

食って、出して、寝る。

服が捻れておったり、おしめが濡れてたりすると泣いて知らせる。
そいつを正して居心地が良くなると大人しくなり
後はすやすやと眠りに入るのだそうです。

正に我々が教わった原始感覚、バランスの世界じゃありまへんか。

「赤ちゃんに操体をやってやる、なんてとんでもない。
こっちの方がむしろ教わってるよ。」

なるほど。神サマは身近にいたのでありますね。


果たしてレムリアの風は無かったのでありましょうか、んん!

何はともあれ先輩、おめでとうございます。んん!!
[PR]
by niwabe | 2009-07-26 17:32 | 操体観
そんなのあったけ?
たびたび例を出してすんませんが
とあるゴッドハンド整体師さんのセミナーに出た時の話。

そのゴッドさんのテクニックの中で
足指への操法というのがあり、操体のそれと同じような感じ。

この先生、昔は操体法を数年間メインに使っていたが、
操体法だけじゃ限界がある、ってなことで
独自の整体技術を開発したとのこと。

別に深い意味はなく、
さらりと 「操体にも似たような指の操法ありますね」と
言ってみる。

するとキョトンとした顔で

「そんなのあったけ?」 と一言。


うーむ

いや、何もこの先生がとぼけてるなんて
話をしているのではございません。

おそらくこの先生は本当に知らなかったのだと思われます。

要するにこの方が「使っていた」という操体法は
一、二、三、ストン!てなヤツ一辺倒であったということでしょう。

あまり意地悪く受け取りたくはないのですけど、
なによりもテクニックを「使って」
部分的な症状をどうこうすることしか頭にないから
上記のようなセリフが出てくるのではないか、と
ついつい首をかしげてしまいます。

わかったつもりでいたとしてもしっぺ返し喰らうだけ。
「そんなのあったけ?」どころの話じゃございません。

施術の度にお客さんに教えられることばかりで
生き物の、そしてイノチの持つオモシロさ・深遠さに
ただただ感服することの何と多いことか。

触れられただけで、身体の芯まで気持ち良い時があります。
たったそれだけで操体になり得ます。

ま 味わいの世界ということです。

せっかく授かった自分の身体です。
存分に味わってみるのも、たまにはオモシロいですよ。

操体 つれづれ堂 のページ


ディアローゴ のページ

[PR]
by niwabe | 2009-05-31 02:31 | 操体観
意外にそんなもの
普段から一人操体を始め
立禅やディアローゴなど理に適った動きで
トレーニングに励む私め、つれづれ操体師であります。

遡れば10代の頃からとなりますので、
おおよそ肩こりなどとは無縁な生活。

そんな私めが先日、左肩のけだるさ、コリを自覚。

あれれ ドウシタドウシタ?と早速カラダに聞いてみる。

すると上着の左ポケットからカギが出てきたではありませんか。
特別大きいものではございやせん、普通のサイズの自宅用カギです。

そいつをカバンにしまって小1時間。

気がついたころには肩こりなどドコゾへ飛んでいっておりました。

そんなことを人にさらりと話すと

「え そんなものなんですか?」 と目をパチクリ。

ええ まあ 全部が全部ではありませんけど。当然。


でも意外とそんなものだったりします。
良いも悪いもなんでも小さな積み重ねってことです。
ああ お茶がうまい ズズー


操体 つれづれ堂 のページ


ディアローゴ のページ

[PR]
by niwabe | 2009-05-25 17:14 | 操体観
ありのままの味
最近、寝る前にベランダに出るのが大変気持ちいい。

暑すぎず、寒すぎず。虫もあまり飛んでこない
この時期の深夜の”ニオイ”を味わうことは極上の気持ち良さです。

都会でも深夜においては昼間に比べて排気ガスの量が
格段に少ないため、空気が新鮮です。

ましてや私めの城は都心から電車で30分とはいえ、
東京と埼玉の県境にある比較的のどかな場所。

目の前にはご神木が堂々と立っており (詳細は省きますがマジ)
毎晩顔を合わせて挨拶しております。

風を受けると葉っぱが擦り合わさって
サラサラと音を立てるのですが
さながら何かささやいているようで、
言葉にしがたい間があります。 

それが何ともステキ。 うふ

こんな時の呼吸は実に美味。
全身すみずみまで染み渡り、身震いするほどの気持ち良さ。

腹式呼吸だとか、臍下のどこそこを意識するとか
そんなもんは全く不要。

こんな美味くて新鮮な空気を味わうのに
余計な味付けは野暮ってもんでさあ。

調味料も大いに結構。それもまた文化ですからね。

でもたまには素材の良さをありのままに感じ取って、
ありのまま味わうのもイイですよ。

少なくても私めの操体はなにはともあれ
まずはそんな風でありたいものです。

うん。 今夜も風が気持ちよい。 ご神木さま、おやすみなさい。

操体 つれづれ堂 のページ


ディアローゴ のページ

[PR]
by niwabe | 2009-05-22 01:13 | 操体観
まじょと野球
アフリカの一国で「魔女狩り」が行われたというニュースが。

うーむ 

まさか同じ時代を生きる世界で
まだこのようなことが行われているとは。

"いわゆる"先進国諸国にとっては
鼻で笑うようなニュースですけど、
それほどバカにしたもんではないかなー、と。

中世ヨーロッパのあの陰惨な魔女裁判。

その先駆的な役割を果たし、
その残虐性とともに後世へ名を残した審問官たちは
実は当時の知識階級の中では最高レベルに位置し、
そのうえ信仰への誠実さ、清廉さにおいても
肩を並べるものはいなかったという事実。

簡単に言えば、
マジメ人間で世の中に貢献してるって感じの人達なんすよ。

現代では俄かには受け入れ難い世界観も
中世の西欧諸国においては常識どころか
むしろ神々しい価値観であったわけです。
(色々な意味で、実情は研究対象ではありますが)

時勢、風潮、集団心理というのは
つくづく恐ろしいものであります。

で、それを利用して金儲けしてしまう輩が出てくるのは
中世ヨーロッパも現代日本も全く同じ。

異なるのは現代日本ではそれをもって
「成功者」とか「勝ち組」などと
世間でもてはやされるってあたりですかね


話、変わって今回、WBCで日本が連覇したことは
非常に喜ばしいことでやんすねー

私めも普段、野球には全く興味ないのですが、
今回ばかりは多分に漏れず、テレビに釘付けになっておりました。

と、同時に「はっ!ここは?」と
なった自分がいることも事実でありまして。

学校でも会社員時代でも協調性が乏しいと言われていた
この私めがテレビの前で喜んでいるのですからね。

いや、今回のWBCの日本の活躍はマコトに素晴らしかったし、
スポーツを例に出すのはいささか不謹慎かな、
とも思うくらいなのですが。

それでも今回、普段、野球をほとんど見ないような
若いおねー様方から相撲しか見ないようなおば様方、
果ては乳幼児たちまで 日本全国が一斉に湧き上がった様を見てて
(てか自分も含めて)
改めて集団のもつパワーの凄さを感じた次第であります。

「みんなが一つになる!」って
素晴らしい反面、想像を絶する恐ろしさを産む
可能性があることをフと思い出してしまいました。


繰り返しますが
スポーツの世界で皆で和気藹々と歓喜するのは大いに結構。

ただ、怖いのはスポーツや文化ではなくて
社会の担い手においてそれら大衆文化よりも
はるかに影響力の強い負のカリスマが現れたときのこととか。

願わくばこの集団の力が歴史に見られるような
誤った方向へ行かずに正しい方向へ進んでいければ、と。

あまり脈絡はないのですが
何か盛り上がってる自分を客観的に見ながら考えてた次第です。

ま とりえず今回の日本の優勝はめでたいな、と。


ところで「侍ジャパン」って聞く度に
「エル・サムライ」を思い出してしまいました。

仮にロスのあの大観衆のも前で
エル・サムライが出てきたらステキだろうなあ。

あのひょうひょうとヤル気のないトペ・コンヒーロとかさ。
しみじみ


操体 つれづれ堂 のページ

[PR]
by niwabe | 2009-03-26 17:08 | 操体観
グレイシー柔術
ちょっと前のお話になりますけど、
グレイシー柔術の生ける伝説、エリオ・グレイシーが
その天寿を全うした、というニュースを知りました。

95歳の大往生だったそうで、
10年くらい前にホイスが桜庭と対戦した時も
元気にセコンドについてましたね。

見るたびに「すげー じいさん。」って思ってましたけど。

今ではグレイシーの名は世界中に轟いてますけど
エリオ・グレイシーはその最大の功労者といえましょう。

正確にはこの人は創始者ではなく、
元、講道館の前田光世(コンデ・コマ)から
直接手ほどきを受けて道場を開いたのは
お兄さんのカーロス・グレイシーという方。

エリオ・グレイシーは兄弟の中で
一番ひょろガキであったと言われるのですが
そんな彼が後に木村政彦(史上最強の呼び声が高い柔道家)
とガチで勝負するまでに成長するのですからねー

日本の格闘技にも計り知れないほどの影響をもたらした
グレイシー柔術の功労者に合掌。


それにしても最近、久々にヒクソン・グレイシーの画像見まして、
やはりこの方は良い動きされてますね。漠然とした言い方ですが。

現在の総合格闘技はヒクソン最強などと言われてたアノ頃とは
比べ物にならないくらいレベルが上がってますから
今さらヒクソンが最強だったなんて思わないですけど。

それでもこの人が超一流であることは確かです。

立った状態での俊敏さはさほど感じないのですが
寝た状態での動きが実に自然でネコのように、
且つ、非常に粘っこく、吸い付くような
身体の使い方をしているのですよ。見事なものです。

以前、総合格闘家で操体法の施術院を開かれている
平直行さんの施術を体験した際に

「ブラジリアン柔術家ならではの操法をお見せしますよ!!」

と、足をフルに活用された操法を味わったことがあります。

その時から 「おお! これは参考になる」と
昔とった杵柄 (一応、体操競技のようなものの経験あり)と申しますか、
寝た状態での足をさばきやゴロゴロとネコのような動きを日常的な
トレーニングに取り入れることにしたものなのですよ。

まあ、本職の柔術家には到底及びませんが
それでも施術には存分に活用させていただいておりまして
楽しませていただいております。

そんな状態なので、久々にヒクソンの画像を見て
「おお!!」となった次第であります。

まあ いずれにしろグレイシーが格闘技界に
与えた影響は凄いものです。

シューティングの佐山さんや骨法なんかは
見事にあっさり鞍替えしたもんなあ。しみじみ


それにしても昨年はプロレスの神さま、
カール・ゴッチさんも亡くなりましたし
確実に世代が移り変わってますねえ。

操体もそろそろ若い世代が台頭してくる時期かもしれません。

あ でもそんなメジャーじゃないか。あはは
[PR]
by niwabe | 2009-03-20 01:26 | 操体観


by niwabe
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
あおぞら操体教室
at 2012-07-19 02:01
ブログで紹介いただきました
at 2012-07-11 00:56
細胞を刺激する
at 2012-07-06 00:41
7月のご挨拶
at 2012-07-04 01:43
あおぞら操体教室開催
at 2012-06-21 14:10
カテゴリ
以前の記事
つれづれ操体師でございます。
つれづれ操体師とは

1981年2月22日生まれ♂
東京東村山市在住。
操体の専門家。

主に関東近郊を中心に施術やカルチャースクールなどで操体を伝える活動を生業としてます。

つれづれ操体師のページ
操体 つれづれ堂



操体あるいは操体法とは

『操体』の魅力は
他人への依存から
解放されること。

肩こりや腰痛、
気の迷い、大半の
不調は自身の責任の
範囲内にあるものです。

それを文字通り
肌で味わってもらうのが
操体です。





リンク

大先輩のブログ
気ままに操体ライフ


操体レクリエーションのブログ


アナグマさんのつぶやき




仙台やすらぎの杜
整体院


「イリス」さんのブログ



いぬきちさんのブログ



おや友練馬支部


らくらく操体サロン
えがお


何もたさない、何もひかない、ありのままに Simple,Smile&Slow Life


いっきかずえさんの
◆開運♂えっち♀風水◆


ワカ大王さんのブログ


今治療室ブログ


にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村

ブログサイトのランキング


人気ブログランキングへ"
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧