操体法-つれづれ操体師の日記 「操体道中膝栗毛」

つれづれなる我が操体の旅日記
<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
バラ珍 ~戦艦 大和の章~
つづき

~バラ研二日目 終了後~ 

二日目の実技交流は昼前に終了し、
次回開催場所を発表して閉会式で幕を閉じる。

会場となった平和記念公園に別れを告げ、
次に我々が向かった先は日本屈指の造船港である呉の町。

いぬきち先生曰く、

「呉はかつて戦艦大和が作られた町であり、そこには
大和の資料館である『大和ミュージアム』があるのだ』とのこと。

「そんなオモシロそうなものがあるなら是非行きたい行きたい」
と満場一致で可決。

広島駅でカキ・アナゴ・刺身といった名物で
腹ごしらえをし、電車に乗り込む一行。
呉までは快速ならば30分ほどで到着しますが、
たまたま各停が先に来たので
のんびりと電車に揺られながら、
しばし車窓の風景を楽しむことにしました。

街から離れ、しばらく進むと、突如海が姿を現したではありませんか。

天気が良かったため、日光を受けた海面がキラキラと輝いており、
なんとまあ美しいものよ。

そう、前回も書いたとおり、操体とは
この原初生命をはぐくんだ海の如く、
荘厳壮大にして優しさに溢れ、
全てを飲み込む包容力があるものなのです。

うーむ まさに我々の旅のフィナーレを飾るにふさわしい・・・。

し、しかしよくよく考えてみますと泳げない私めにとっては
水に飲み込まれてしまうと少々困ってしまうわけでありました。
いや うっかりうっかり、てへ(二度目)

気を取り直したところで呉に到着。
駅からは陸の上に居座っているでっかい潜水艦が見えるのですよ。

で、大和ミュージアムまで行くと、
三又の槍を持つポセイドン像が我々を出迎えてくれました。
素っ裸でポーズ決めており、江頭2:50もビックリ!

その少し脇の方には大和の砲台が展示されておりまして、
「おおお」とここに来て一同テンションが上がり始めます。

特にいぬきち先生はご親戚が大和の関係者だったとのことで、
感慨深げと同時に実に楽しそう。

次第に「ぴい ぴい ぴー ぴい ぴい ぴー」
と長渕を唄い始めるまでボルテージが上がりまくり
バラ研で鬱積された鬱憤をここぞとばかりに発散させておりました。

入館すると実物10分の一大の大和模型が
でかでかと展示されております。

係員の方が記念撮影のサービスしておりまして、
1000円で写真作れますが、手持ちのカメラ、
全員分のシャッターも無料で押してくれます。しんせつー 

しかしこの記念撮影、シャッターを押す際の係員の合図が
「いち、に、さん ハイ、『ヤマト』!!」という、
一瞬耳を疑いたくなるような掛け声。

どう頑張っても引きつった笑顔しか作れないと思うのですが、
ああ でもむしろ瞬間脱力にはこっちの方がいいかもしれない。ふへ

今回の旅、唯一の集合写真であります。 ハイ、ヤマト!!
(逆光ですがむしろ掲載に都合が良かったっス)

ヤマトミュージアムを見学し、
その次はお隣の海上自衛隊資料館に入り潜水艦の中などに入る。
実際に数年前まで海を潜っていたモノホンと艦内を見学できるのですよ。

童心に戻り楽しみながら、あっという間に時間が過ぎて行きました。

広島駅への復路は快速に乗り、ここで新幹線で帰京する
すなけん大先輩とはお別れ。

本来の目的の大会よりもはるかに有益なお話をしてくださった大先輩。
お疲れ様でございました、また東京で。

その後、「どーしてもつけ麺が食いたい」といういぬきち先生の希望で
残った三人でつけ麺を堪能。

激辛のたれを注文したいぬきち先生は
「ぴい ぴい ぴー」とここでも長渕調になっておりましたが
無事、完食しておりました。

夕食も済ませ、それぞれ夜行バスに乗り込み、ここで一行は解散。

二日(三日?四日?)に及ぶ熱き男たちの旅は
これにて幕を閉じたのでありました。

いやー 実に楽しい旅でした、同行した皆様、
本当にお疲れ様でございましたー

~完~
[PR]
by niwabe | 2009-10-20 17:08 | 操体法
バラ珍 ~夜の街編~
つづき

~初日終了後の夜の街~

講演の終了間際にいぬきち先生からすなけん大先輩宛に
「平和記念資料館にいまっす」とのメールが届く。

と、いうわけで我々は足早に会場を後にし、
お隣の資料館へ移動。

館内に入ると、宮島で鹿・アナゴ・神社と既に広島を堪能している
いぬきち先生・アナグマ修行者さんのはぐれ操体コンビを捕捉。

対して遠路の旅に加え、ひたすら長い講演で
少々グッタリ気味の我々、情熱系の先行隊。

しかし今回、広島初上陸の私めといたしましては
原爆被災地の傷跡は絶対にこの目で見て
おかねばならないと決意を胸に秘めておりました。

小学生の頃、教科書を見る度に
その悲惨さに胸を痛めた思い出があります。
一時間近く、じっくりと回りながら館内を見学。
生命と向き合うことに本質を置く操体を生業とするものにとっては
つくづく深く考えさせられる場所でした。

一通り見学を済ませた後、一同粛々とした雰囲気の中
次の任務を果たすべく、口を開く。

「広島に来たからにはお好み焼きは食すべきである。」

「行かねばなりますまい」

空腹という欲望に耐えかね突撃ヘルレイザーと化した我々一行は
平和記念公園を後にし、一路、トラムにて広島駅方面へ向かうことに。

各自ホテルのチェックインを済ませ
午後7時、男達は広島駅へ集結したのであります。

綿密かつ仔細な検討を重ねた結果、「お好み焼きなら何でもよくね?」
という豪胆な作戦を立て、早速決行。

駅近くの高架下、少し目立たないお店ではありますが
存分に広島風のお好み焼きとやらを味わうことができました。

この日まで、広島風とその他の
お好み焼きの違いが分からなかった私め。
このサンドされているのが広島風なのだと説明を受ける。

「しかし広島県民は自分達こそ本家という意識が強い故、
彼らの前で『広島風』というのはタブーなのだ」と、いぬきち先生。

うーむ 丁度、プロレスファンと空手家の間で
「あびせ蹴り」と「胴廻し回転蹴り」といった食い違いがあるが
あれに似たようなもんか。勉強になるなあ。

お好み焼きを堪能した後、どこかでお茶をしようではないか、
ということで喫茶店を探す。

しかし手ごろな店が見つからないため、
場違いとは思いつつも若者で賑わう週末夜のマックへ入ることに。

ガタイの良いすなけん大先輩を筆頭に熱き男たちは
各々ソフトクリームやマックシェイクを片手にテーブルへ着き、
操体談義に花を咲かせております。

本日のバラ研を報告してあれこれと論じ合ったり、
例のお子さんの動画を見て「おー」と感心したり、
最新鋭のI-PHONEを100均で購入した巾着袋に入れて持ち歩く
私めに対して総ツッコミが飛び交ったりと実に有意義な一時でありました。

夜10時、広島駅で解散。

私めもコンビニでヨーグルトともみじ饅頭を購入して一服した後、
少し立禅を組んで、テレビつけたまま寝床へ。

ぼろい安宿で何か雰囲気が怖いんだもん。

「チューボーですよ」見ながら深い眠りに陥り、
広島一日目は静かに幕を閉じたのでありました。

つづく
[PR]
by niwabe | 2009-10-19 00:11 | 操体法
バラ珍 ~二日間を通して~
つづき

さてさて実際にバラ研の雰囲気を生で体感。

初日は操体法をテーマに操体実践者、研究者(?)、
大家の先生方が順に発表されました。

二日目は実技交流がメインで、
全国各地で操体法を実施する8名の先生が
30分1セットで3回繰り返し、 参加者は事前に
お目当ての先生を決めて参加し、時間が来たら移動するというもの。

少し端折って、二日間を通した感想を述べたいと思います。

「準備運動」から始める先生、
「介護」や「マタニティ」と操体をからめる先生など。

操体って、何だろう?と首を捻らざる得ない
光景も見受けられました。

また、予想していたよりも自然法則の要ともいえる
「感覚」についての深い言及が無かったことも
気になるところです。

これを見た人たちが操体法って昔から流行っては廃れるのが世の常の
「お手軽な健康体操」みたいなものと同一に捉えてしまわないかと、
ちょっとした危惧すら感じます。

全体を通して抱いた印象は良く悪くも操体って
まだまだ発展途上なんだな、ということ。

橋本先生が部分的に見せたスタイルこそが操体法と捉える人もいるし
晩年期に断片的に残した言葉をヒントに模索を続ける方もいらっしゃいます。

何でも経験してみるのは大事かとは思いますが、
「自力自療」「自然法則」「気持ち良さ」というのが
少々、一人歩きしてるきらいもあるのではないか、と。

ほうじ茶に砂糖まぶして、コーヒーにもジュースにもなれないような。

若輩もので生意気とは思いつつも
私め個人の感覚で言わせていただきますと
操体はもっと素直でシンプルな、
透き通った水のようなイメージで捉えております。

決して濁ることのない、どんなものにも染み渡り、
時には全てを飲み込んでしまえる、
そんなイメージを大切に精進したいものであります。

ま、色々なことを考えさせられたという点では
有意義な講習会だったと思います。

何はともあれ本来の目的であるバラ研参加の任務は完了。

はてさて それでは次回は広島における
楽しくも支離滅裂、突撃旅行型の珍道記へと
つづくと致しましょう。

つづく
[PR]
by niwabe | 2009-10-16 14:12 | 操体法
ああ ぶらり バラ珍の旅
10月10・11日。年に一度開催される操体法の全国大会
「全国操体バランス運動研究会」に参加してきました。

大会名を略して「バラ研」。
で、その「珍道中記」ということでさらに略して「バラ珍」であります。

なんだか売れないタレントが出てる
旅番組と半生記のタイトルがごっちゃになってしまったようで。

何はともあれ、今回、東京の同門からの参加者は以下の通り。

操体ひとすじ、臨床暦10年をほこる、すなけん大先輩。
大学に本職を持つ、いぬきち先生。
そういえばまだお仕事を聞いてない、アナグマ修行者さん。

平均年齢40歳。

その中に、唯一の20代であり、ヨーグルトとビスコを
常に摂取しなければ気が済まない故に
お前はホントに離乳できてんのか!と突っ込まれる程の
若々しさ溢れる私め、つれづれ操体師を加え、「操体」を他に
「武道」「アニメ」「骨法」をキー・ワードで固く結びついた
武闘派兼超個性派ぞろいの勇士による部隊を編成。

いざ二日間に渡って開催される広島へと旅立ったのでありました。

初日、すなけん大先輩は早朝に新幹線で移動。
私めは前日、夜行バス。長旅を考慮して奮発、足下のんびりタイプ。
あとのお二人も夜行バス、同じバス会社で予約していたものの
こちらはスタンダードタイプにて、そして初日は宮島観光。

のっけからてんでバラバラの我々ご一行であります。

12時間に及ぶ狭い・暑い・むさいの長旅を経て
私めは無事、広島の紙屋町という場所にて下車。

開催場所がある平和記念公園に向かう。

原爆ドームって、すぐ見つかると思ってたら意外に小っこいのねー。

一世紀近くも前に作られたものですから
考えてみりゃ当たり前なんですけど。

途中、見つけたセブンイレブンの店員さんに尋ねても
それがどうやら外国人で「ナニ公園デスか!?」って逆に聞き返されたりと
散々迷った挙句にようやく到着。

開催時間までまだだいぶありますのでまずは平和記念公園にて立禅を組む。
旅行とはいえ、プロとして最低限の稽古量は保たなければいけませんからね。

その脇を通り過ぎながら不思議そうに視線をこちらに向ける小学生の集団。
先頭には原爆について丁寧な講釈をするガイドさん。

視線を送る小童どもを睨み返しながら立禅をしつつガイドの話に耳を傾ける私め。
稽古と歴史の勉強、一石二鳥となってしまいました。うむ これでいいのだ

で、時間が来たので開催場所へ。

平和記念公園内にある国際展示場に入る。

入場すると丁度、一人目の講演が開始されたばかりのナイスなタイミング。

手ごろな席を探しているうちに、次に扉を開けて入ってきたのは
おお すなけん大先輩ではありませんか。

こうして先行隊である我々二人は無事、合流を果たし
いざバラ研初日に臨むのでありました。

つづく
[PR]
by niwabe | 2009-10-13 15:23 | 操体法


by niwabe
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
あおぞら操体教室
at 2012-07-19 02:01
ブログで紹介いただきました
at 2012-07-11 00:56
細胞を刺激する
at 2012-07-06 00:41
7月のご挨拶
at 2012-07-04 01:43
あおぞら操体教室開催
at 2012-06-21 14:10
カテゴリ
以前の記事
つれづれ操体師でございます。
つれづれ操体師とは

1981年2月22日生まれ♂
東京東村山市在住。
操体の専門家。

主に関東近郊を中心に施術やカルチャースクールなどで操体を伝える活動を生業としてます。

つれづれ操体師のページ
操体 つれづれ堂



操体あるいは操体法とは

『操体』の魅力は
他人への依存から
解放されること。

肩こりや腰痛、
気の迷い、大半の
不調は自身の責任の
範囲内にあるものです。

それを文字通り
肌で味わってもらうのが
操体です。





リンク

大先輩のブログ
気ままに操体ライフ


操体レクリエーションのブログ


アナグマさんのつぶやき




仙台やすらぎの杜
整体院


「イリス」さんのブログ



いぬきちさんのブログ



おや友練馬支部


らくらく操体サロン
えがお


何もたさない、何もひかない、ありのままに Simple,Smile&Slow Life


いっきかずえさんの
◆開運♂えっち♀風水◆


ワカ大王さんのブログ


今治療室ブログ


にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村

ブログサイトのランキング


人気ブログランキングへ"
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧