操体法-つれづれ操体師の日記 「操体道中膝栗毛」

つれづれなる我が操体の旅日記
操体一般講習会 開講のお知らせ
この度、一般の方を対象にした
操体講習会を開講することにしました。

いわゆる臨床家のための
「技術セミナー」ではありませんが、
操体は自分の感覚に立ち返ることが何より
大切なことだと思います。

本やビデオでは伝わりきらない、
操体の世界観をひとり操体を通じて
実感していただけることを願っております。

肩肘張って「勉強するんだ!!」って感じよりも
何となく操体に共感・共鳴してもらえるような、
それでいて実のあるレッスンにしていきたいので
ヨロシクお願いします。

詳細はホームページにて→

操体 つれづれ堂 のページ

[PR]
# by niwabe | 2010-03-20 23:40 | 操体つれづれ堂
神さま
先日とある場所で初対面の
若い女性との会話にて。

「お仕事は何されてるのですか?」

「整体みたいなものと
体操みたいなものをやってます」

操体とディアローゴと言ったところで
分かる筈もなく、大概はこう答える。

するとその女性、

「整体ですかー?わたし、マッサージみたいの好きでよく通ってるんですけど、
素手で痛いとこ治してしまうカイロとか整体の先生って、
神様に見えます!」

あー、そうですか

社交的な側面もあるのだろうが、結構痛いとこ言うのね。

神様・大先生。 

んー、この甘い響きは誘惑とも言える。

私めも習いたて、開業したての頃は
焦りもあってあれこれと奔走してたことがあります。

他の先生と差別化せにゃならん、
とにかく技術が上手くならなければならん。

お金をもらう立場なのだから
自分を向上させることは当然なのですが、
時にそれは執着と化し、泥沼へと導く傾斜でもあります。

私めの場合「どーでもいーや」と
良くも悪くも開き直ったあたりから
自分の操法が「活きてきた」と
感じるようになったのですから何とも皮肉なものです。


話変わって先日、何とも光栄なことに操体の大先輩、
すなけんさんが我が城に遊びに来てくれました。

前日、仙骨がメリメリっと音を立てて
腰が曲がらなくなったとのこと。

施術はいつも通り、
特別何かやってあげたあげた訳ではなく、
ただふわりふわりと身体の流れに委ねてもらうだけ。

それだけで身体が変化し、 その様を
大いに面白がっておられるすなけん大先輩は
流石、操体実践者であります。

施術後は曲がらなかった腰が、
床に両手が着くまでに変化。

繰り返しますが、
何か特別な技術を駆使した訳でもなく。

操体を突き詰めようとすればするほど、
奥義を習得して尊厳を高めてやろうみたいな願望が
何となくアホらしくなってきます
(それが悪いとは言いませんが)

施術する側・される側も「面白いねー」と
こんなんが操体の醍醐味であります。

この醍醐味を教えてくれた一人である
すなけん大先輩には感謝の一言でありまっす!!


ああ、でも神様にならなくてもいいから
少しばかりお金は欲しい。

いえ、少しで良いんです。

フランスのお城を買い占めるのが私めの夢ですから
それさえ満たされれば・・・。
[PR]
# by niwabe | 2010-03-17 16:52 | 操体法
松ボクサーくんのデビュー戦決定
私めの城に定期的にメンテナンスに来てくれる常連でもあり、
かつて同じジムで汗を流した盟友でもあるプロボクサー、
松ボクサーくん(仮名)のプロデビュー戦が決まったです。

先日も私めの施術を受けに来てくれ、
「お陰でばっちり身体の疲れがとれましたよ!」と
言ってくれた松ボクサーくん。

んん!

松ボクサーくん!我が城は総力をあげて応援しているぞ!!いつでもケアに来るのだ!!!
[PR]
# by niwabe | 2010-03-02 00:18 | 操体観
謹賀新年
明けましておめでとうございます。

皆様が操体の如き、
自然の感覚に素直に従いながら気持ちよい日々が過ごせますように。

では今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
# by niwabe | 2010-01-03 17:00 | つれづれ人生
ダコー? 操体
現在、フランス語を再勉強中の私め。

週に一度、英仏語のバイリンガルである
カナダ人先生のホームレッスンに通っております。

レッスンと言ってもテーブルを挟んで
ひたすらお喋りするのがメイン。

文法なんてのはテキストを読めば大体把握できるのですが
生きた語学はとにかく実践しなければ身につかないのであります。


そんな毎週のルッソン(レッスン)でありますが、
ある時、先生が私めに曰く。

「ツレヅレ、以前から気になっていたのだが
キミのジョブであるソータイというのは
一体ナンナノダ?」

ナンナノダ?と言われてもただえさえ操体は
言語化するのが難しく、日本人にだって説明するのに
苦労してる、っちゅーのに。

「言葉では説明し難い。ましてオレの
拙いフランス語では説明不可能だ」

するとカナダ人先生、

「イヤ、ツレヅレにはミステリアスな部分が多い。
何をやってるのか知りたい。
勉強も兼ねてフランス語で説明シテミルノダ。」

なんと異国の方にまで私めは怪しげに映るようです。

しかし無理だと言ってるのにカナダ人先生、
食い下がって、矢継ぎ早に質問を飛ばしてくる。

「マッサージみたいなモノか?」

「ノーだ」

「じゃ、カイロプラクティックみたいに背骨をトトノエルのか?」

「ノーだ」

「実際の施術の時はどうするんだ?
アオムケにするのか、それともウツブセか?」

「時と場合による」

「例えばツレヅレのところに重症の胃腸患者が来るとする。
そういうのを治すことがデキルのか?」

「治せん。」

「じゃあ、一体ナニヲスルンダ!?」

「自分だ。操体は自分にフィードバックするんだ」

「エクササイズみたいなもんか?」

「それもノーだ」

「さっぱりワカラン!!!」


説明してるこっちまでこんがらがってきますわ。


すっかり困り果てているところを
日本人で英語が堪能である先生の奥様に救援を請う。

英語に訳してもらいながら説明すると、
ようやく概要は掴んでもらったようで、
「ダコー?(お分かり?)」と尋ねると

「やっとツレヅレのやっている
ソータイとやらが分かってきた。」とのこと。

やれやれ。

それでも実際に触れたわけでもないし、
どこまで分かっていただいたかどうか。

この後、今度はディアローゴについても
説明してくれというので、また一苦労。

こちらは身振り手振りを交えて
何とか説明を終える。

ふむふむと納得しながら、くだんの先生曰く。

「しかしソータイといいディアローゴといい何だって、
ツレヅレはそんなマイナーなもんばっかり
手を出しているのだ?」

いや、一応それなりの大学でて
それなりの会社入ったり、ボクシングに打ち込んだり
マイナーじゃないことにもチャレンジしているのですが。

一種の落ちこぼれみたいなもんでしょうか。

いやいや、卑屈になっても仕方ありますまい。

そこで 「癖みたいなもんだ」 と答えると

「そーか。 ま、ツレヅレは面白いからいいんじゃないか」だって。

うむ、ま、癖みたいなものなのです。はい。


それにしてもフランス語で操体を説明しろとは・・・。

それができたらそもそも
ホームレッスンに通ってないっすよ(汗
[PR]
# by niwabe | 2009-12-14 16:32 | 操体法


by niwabe
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
あおぞら操体教室
at 2012-07-19 02:01
ブログで紹介いただきました
at 2012-07-11 00:56
細胞を刺激する
at 2012-07-06 00:41
7月のご挨拶
at 2012-07-04 01:43
あおぞら操体教室開催
at 2012-06-21 14:10
カテゴリ
以前の記事
つれづれ操体師でございます。
つれづれ操体師とは

1981年2月22日生まれ♂
東京東村山市在住。
操体の専門家。

主に関東近郊を中心に施術やカルチャースクールなどで操体を伝える活動を生業としてます。

つれづれ操体師のページ
操体 つれづれ堂



操体あるいは操体法とは

『操体』の魅力は
他人への依存から
解放されること。

肩こりや腰痛、
気の迷い、大半の
不調は自身の責任の
範囲内にあるものです。

それを文字通り
肌で味わってもらうのが
操体です。





リンク

大先輩のブログ
気ままに操体ライフ


操体レクリエーションのブログ


アナグマさんのつぶやき




仙台やすらぎの杜
整体院


「イリス」さんのブログ



いぬきちさんのブログ



おや友練馬支部


らくらく操体サロン
えがお


何もたさない、何もひかない、ありのままに Simple,Smile&Slow Life


いっきかずえさんの
◆開運♂えっち♀風水◆


ワカ大王さんのブログ


今治療室ブログ


にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村

ブログサイトのランキング


人気ブログランキングへ"
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧